WATANABE KATSUMI

2013年05月01日

渡辺克巳参加写真展 日本写真の1968

日本写真の1968
東京都写真美術館 2階展示室
2013.05.11(sat) 〜 07.15(mon)

二年前、弊廊で開催した渡辺克巳「1982 印度」のトークイベントのゲストにお呼びした、金子隆一氏(東京都写真美術館専門調査員)の企画による展覧会です。
1960年代後半は、戦争、革命、暗殺など、世界中のあらゆる領域でこれまでの枠組みに対して根源的な問いかけと異議申し立てが行われました。写真においても、近代的写真が構築した「写真」の独自性とそれを正当化する「写真史」への問いかけが始まりました。
特に1968年は、「写真100年−日本人による写真表現の歴史展」、『カメラ毎日』での「コンポラ写真」の特集、『プロヴォーク−思想のための挑発的資料』の創刊、そして沸騰する学生運動は大学から路上へ、さらに農村へと展開し、闘争の側から撮影した写真群が巷に叛乱してゆくなど、今日の「写真」の社会的な枠組みを考える上で重要な出来事が集中して現れました。
本展では、「1968年」を中心にして、1966〜74年の間で、日本で「写真」という枠組みがどのように変容し、世界を変容させていったかをたどり、「写真とは」「日本とは」「近代とは」をさぐります。(リーフレット抜粋)



posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 13:31| Comment(0) | 渡辺克巳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。