WATANABE KATSUMI

2011年06月07日

渡辺克巳展 1965~ 歌舞伎町-新宿二丁目

渡辺克巳展 流しの写真屋
「1965〜 歌舞伎町 - 新宿二丁目」
静かなる面魂 ツラダマシイ

2011/04/26 - 06/05

新宿.jpg 
一本の樫の木 やさしそのなかに 血は立ったまま眠れるものを  寺山修司 
 

 1960年代の終わり、騒然としていた新宿駅に背を向けるように、赤線・青線跡地の闇夜に立つ人々を撮り続けた男がいた。写真屋稼業で食うための写真は、指の先っちょで露出するのではなく、相手と地つづきに繋がる足の裏で撮るんだと云わんばかりに。
 太古の昔から定着しえない人々の、クールではかない陰影を切りとった写真家、渡辺克巳の写真展。

011.04watanabe.jpg
プリントPDF

DSCF0950.jpg

DSCF0951.jpg


posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 00:00| Comment(0) | 渡辺克巳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

渡辺克巳 バイオグラフィー

渡辺克巳
1941 岩手県盛岡市生まれ
1957 毎日新聞盛岡支局事務補助員
1961 岩手県立盛岡第一高等学校卒業
1962 東京都 東條会館写真部勤務
1965 新宿歌舞伎町で手札1組200円のポートレイト写真の請負を稼業とする「流しの写真屋」を始める
1973 カメラ毎日アルバム賞を「新宿・歌舞伎町」で受賞/「新宿群盗伝66/73」(薔薇画報社)
1974 「初覗夜大伏魔殿」(荻窪シミズ画廊)
       「十五人の写真家展」(東京国立近代美術館)
       焼き芋屋を始める
1976 東京東中野で写真スタジオ経営
1980 「SHINJUKU'80」(新宿マーガレット)/「パンク」(新宿トラッシュ)
         「真夜中のストリートエンジェル」(銀座ニコンサロン)
1982 「新宿群盗伝伝」(晩聲社)/「ディスコロジー」(晩聲社)
      インドへ三度行き撮影
1983 ロンドンで撮影
1984 パキスタンで撮影 ビデオディスク「ナマステ」(ビクター)
1985 「渡辺克巳の新宿二十年」(銀座ニコンサロン)
1990 ネパールで取材・撮影
1991 ニューヨークで撮影
1993 「ごちゃまぜ天国」(コニカフォトプラザ 東京・大阪・名古屋)
1997 「新宿 1965-97」(新潮社)
1998 「SHINNJYUKU GRAND PAJACE/混沌の楽園」(新宿BGALLERY)に参加
       「SHINNJYUKU GRAND PAJACE(新潮社)に参加
       日本写真協会年度賞受賞/「日本写真協会年度賞受賞作品展」(富士フォトサロン)
1999 「TOKYO60/90 17人の写真家」(東京都写真美術館)
2001 「Hot Dog」(ワイズ出版)
2002 「LIVE」(PLACE M)
2006 1月29日逝去
2006 「KATSUMI WATANABE」写真展(アンドリュー・ロス・ギャラリー NY)
        「Gangs of Kabukicho」写真集(アンドリュー・ロス・ギャラリー NY)     
2008 「流しの写真屋 渡辺克巳 1965-2005」(ワタリウム美術館)
2011 「渡辺克巳 1965〜 歌舞伎町 ? 新宿二丁目」(汐花 BORDERLESS SPACE SEKKA)
         「渡辺克巳 新宿、インド、新宿」(ポット出版)
         「1982 印度」(汐花 BORDERLESS SPACE SEKKA)
2012 「おお!新宿」(パリ・フォト/タカ・イシイ)
2013  「日本写真の1968」(東京都写真美術館)


サンフランシスコMoMA美術館収蔵




posted by 汐花 SEKKA BORDERLESS SPACE at 00:00| Comment(0) | バイオグラフィー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。